« kwaidan | トップページ | 踊り場 »

2009年8月 4日 (火)

エレベータ

I君が会社にひとりで残って徹夜したときの話。
真夜中にどうしても腹が空いてがまんできなくなった。
I君の会社は都内の繁華街の雑居ビルにある。ビルは五階だてで、I君の会社はその四階と五階を使っていた。
コンビニは会社のすぐそばにある。ちょっと出かけてカップ麺でも買ってくることにした。
ボタンを押してエレベータを待つ。
エレベータは一階から上がってきて、どういうわけかI君のいる四階を素通りすると五階で停まった。
夜中の二時。会社に残っているのはI君だけのはず。
もちろん五階にもだれもいないはずだから、だれかがエレベータを呼んだとは考えにくい。
かといってこんな時間にだれかが五階に行く用事があるとも思えない。
エレベータは五階に停まったまま、なかなか四階に降りてこない。だれかが乗り降りしているとしか思えなかった。
階段があるからか、ビルの造りが安っぽいからか、このビルでは耳をすますとほかの階の音がよく聞こえる。
I君は、なんだか五階の方がざわざわしているような気がしてきた。
エレベータが動きだした。
四階に降りてくる。
I君は、とりあえず階段を使うことにした。


KWAIDANシリーズ.....


« kwaidan | トップページ | 踊り場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528714/45827109

この記事へのトラックバック一覧です: エレベータ:

« kwaidan | トップページ | 踊り場 »