« マネキン | トップページ | ぢ »

2009年8月13日 (木)

さっちゃん

Iさんが夜遅くに帰宅すると、固定電話のランプが点滅して、留守電のメッセージがあることを告げていた。
再生してみてびっくりした。午後七時から七時半のあいだに、二十件ものメッセージが録音されていた。しかもそのメッセージというのが、
「あたしさっちゃん、いま大宮にいるの」
なんていう内容で、順番に聞いてみると、どうやらそのさっちゃんとやらは、大宮を出発して、Iさんが住んでいる横浜に、だんだん近づいてきていることになっていた。
これはもう、ありがちな都市伝説をネタにした、悪友の悪ふざけにちがいない。
仕事で疲れていたのでまともに取り合う気にもなれず、Iさんはメッセージを聞かずに全消去すると、風呂に入った。
風呂から出ると、また固定電話に留守電メッセージが録音されていた。
風呂に入っていた数十分のあいだに、五十件ものメッセージが溜まっていた。
何件か再生してみると、さっちゃんは最寄り駅に到着し、Iさんがいつも使っている道をたどってIさんのアパートに向かっていることになっていた。
イタズラにしてはたちが悪いし手がかかりすぎている。なによりIさんには、ここまでの悪ふざけをする友だちの心当たりがない。
もしこれがほんものだとしたら、さっちゃんはいま、どこらへんを歩いているんだろうか。そろそろアパートに着くころなんじゃないのか。
そんなことを考えていたら、呼び鈴が鳴った。
Iさんは、出なかった。しつこく鳴らされたけれど、耳をふさいで無視した。
翌朝、一件だけ留守電が入っていた。
「あたしさっちゃん。お留守みたいだからまた今度くるね」
外に出てみると、ドアのまえに、たくさんの虫の死骸が落ちていた。どの虫も、羽や脚がちぎられてバラバラになっていた。
ちょうど、それは待ちぼうけを食わされた人が、大量の吸殻を残して立ち去った後のような感じだったという。
その後、さっちゃんからの連絡は、いまのところ、ない。

KWAIDANシリーズ.....


« マネキン | トップページ | ぢ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528714/45827205

この記事へのトラックバック一覧です: さっちゃん:

« マネキン | トップページ | ぢ »